安いバーコードリーダーをお探しですか?
もしかしたらこのAndroidアプリが役に立つかも・・・




バーコードリーダー入門


アプリケーション

トップへ戻る

第1回 キーボード入力

 バーコード値を受けるアプリケーションがExcelで、「読み取ったバーコードが開いているExcelにどんどん追加されればOK」というような単純なものであれば、「キーボード」インターフェイスを使って接続するだけでよいでしょう。

デフォルト設定では桁数やシンボル種がバーコード値に付加されて送られてくる機種があります。 バーコードリーダーから送られてくるデータを実際に読み取られたバーコード値のみとし、更に最後に改行コードを付加するようにスキャナ設定を行なっておけばOK、各セルにどんどん読取ったバーコード値が追加されていきます。

但し、運用に関係のないバーコードを誤って読み取ったとしても、関係なく追加されてしまいますので、バーコードリーダー側の設定にて、読取りシンボル種を制限するなどといった対策が必要になるでしょう。




トップへ戻る

記事一覧




[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス

[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
inserted by FC2 system