安いバーコードリーダーをお探しですか?
もしかしたらこのAndroidアプリが役に立つかも・・・




バーコードリーダー入門


バーコードリーダーを使ってみよう

トップへ戻る

第2回 COSCAペンの検証

 前回、手に入れた途端に、普通のバーコードリーダーとしては使えないことが判明したCOSCAペン。カードが無いからゲームすら出来ず(まぁそんな時間はないが・・・)。しかし、このままにしておくのは悔しいので、その仕組みを検証してみることにしました。

*

デバイスマネージャで確認すると、新たに4つのデバイスドライバが追加されているんですが、USB-HIDなのは間違いないようです。やはりキーボードインターフェイスだと思うので、プログラムを組んで、読み取り時のキーコードを取得してみた・・・が、結果は同じ。「ファイル名を指定して実行」ダイアログが表示され、そっちへカーソルが飛ぶので、キーコードの取得すらできない。

悔しい

冷静に考えてみよう。「ファイル名を指定して実行」ダイアログを表示するには、[スタート」ボタンをクリックして「ファイル名を指定して実行」をクリックするんだよなぁ・・・キーボードインターフェイス・・・ あ!ショートカットキーか!
"ファイル名を指定して実行"のショートカットキーを調べてみると、[Windows]+[R]。[Windows]キーを押したまま[R]キーを押してみると、まんまとダイアログが表示されました!

つまり、
(1)[Windows]キー+[R]キー
(2)バーコード値を加工したURL文字列
(3)最後に[ENT]
というものをキーボードインターフェイスで送信してきているのではないだろうか。ということは、何とかなりそうな気がする。使えそうな予感がする!



トップへ戻る

記事一覧




[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス

[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
inserted by FC2 system