安いバーコードリーダーをお探しですか?
もしかしたらこのAndroidアプリが役に立つかも・・・




バーコードリーダー入門

トップへ戻る

Android版の説明 − バーコードde既読管理 −



[NEW] 新機能(Ver3.0.4) - ISBN一括インポート機能
詳しくは後述しています。


<<開発にいたる経緯>>
 作者の携帯がAndroid端末となり、本を買うときだけWILLCOM03を持っていくことがわずらわしくなったため、Android版を開発することにしました。



<<入手について>>
 WindowsMobile版と同様、無料でお使いいただけます。入手方法は「Google Play(Androidマーケット)」からのダウンロードのみとなっておりますので、「Google Play(Androidマーケット)」にて「バーコードde既読管理」で検索していただき、ダウンロード&インストールを行って下さい。



<<WindowsMobile版からのデータ移行>>

  1. Android端末にアプリをインストールして実行し、メインメニューを表示してください。
  2. WindowsMobile端末をVer2.1.4にアップデートしていただき、「設定」画面の「Android移行用TSVファイル出力」をタップして、ファイルを作成してください。
  3. そのファイルをPCへ移動してください(WindowsMobile端末とPCをUSB接続)。
  4. そのファイルをAndroid端末の「/sdcard/BarDeBook(sdcard部はSDカードのボリューム名です。端末によって異なる場合があります。)」というフォルダへ置いてください(Android端末とPCをUSB接続)。
  5. Android端末アプリのメインメニューから「メンテナンス」をタップしてください。表示されたメンテナンスメニューから「レストア」をタップしてください。
  6. 「レストアファイルを選択してください」という画面で、上記のファイル名が表示されますので、そのファイル名をタップしてレストアを実行してください。
  7. 以上でデータ移行は終了となります。



<<操作について>>
 WindowsMobile版とほぼ同様となります。できるだけ直感的に操作できるようにクラシカルな表示・操作となるよう心がけて開発したつもりです。不明な点はご意見掲示板にてご質問ください。



<<WindowsMobile版との相違点>>

  1. 著者一覧表示画面では、著者をコンボボックス形式で選択して、[実行]をタップします。
  2. 現在、各一覧画面での並び順変更はできません。すべてタイトル昇順となっています。
  3. バックアップ機能がつきました。バックアップされたファイルはレストア機能で復元できます。なお、バックアップファイルの保管や削除は、PCとUSB接続して行って下さい。
  4. バーコード読み取り画面はAndroidの仕様上、横画面となっています。
  5. バーコード読み取りはWindowsMobile版のときよりも若干離して読み取ると読み取りやすくなります。近すぎると読み取れません(機種にもよると思いますが、本と端末を10〜15cmくらい離してください)。



<<新機能(Ver3.0.3) - 著者カナ一括編集>>
 「データ取得」において「著者カナ」が(ほとんど?)取れなくなりました。よって、「著者カナ一括編集」画面を設けています。

*

まずは、メインメニューから「著者カナ一括編集」をタップします。

*

赤字で"未設定"というところが著者カナが設定されていない著者です。その著者をタップします。

*

「著者カナ」が編集できますので、全角カナで入力し、「はい」をタップします。

*

全ての"未設定"の著者も同じように処理を行って下さい。最後に画面右上の「確定」ボタンをタップします。

*

編集された内容で、著者カナを更新します。更新が終わったら自動的にメインメニューへ戻ります。



<<新機能(Ver3.0.3) - 著者カナ流用>>
 「データ取得」において「著者カナ」が(ほとんど?)取れなくなりました。よって、「著者カナ流用」機能を設けています。「データ取得」時に「著者カナ」が取れない場合に、既に同じ著者の本が登録されていれば、 その本の「著者カナ」を自動でセットします。

<<新機能(Ver3.0.4) - ISBN一括インポート機能>>
 CSVファイルからISBNコードを一括して取り込む機能です。他のアプリがISBNコードのCSV出力に対応していれば、本アプリへデータ移行する際にご利用いただけます。なお、CSVファイルは1列目をISBNコードとして取り込みます。2列目以降は無視されます。また、ISBNコードは9桁のものでも13桁のものでも取り込めます。但し、CSVファイルの拡張子は、 .CSV である必要があります。

  1. Android端末にアプリをインストールして実行し、メインメニューを表示してください。
  2. CSVファイルをAndroid端末の「/sdcard/BarDeBook(sdcard部はSDカードのボリューム名です。端末によって異なる場合があります。)」というフォルダへ置いてください(Android端末とPCをUSB接続)。
  3. Android端末アプリのメインメニューから「メンテナンス」をタップしてください。表示されたメンテナンスメニューから「ISBN一括インポート」をタップしてください。
  4. ファイル名が表示されますので、間違いがなければ継続してください。
  5. 既読で取り込むかどうか確認しますので、既読でよければ[はい]を、そうでなければ[いいえ]をタップしてください。[いいえ]がタップされた場合は未読で取り込むかどうか確認しますので、未読でよければ[はい]を、インポートをやめる場合は[いいえ]をタップしてください。
  6. いずれかの画面で、[はい]をタップした場合はインポートがはじまります。 インポートが終わったら、必要に応じて「データ取得」を行って下さい。





トップへ戻る


[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス

[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
inserted by FC2 system