安いバーコードリーダーをお探しですか?
もしかしたらこのAndroidアプリが役に立つかも・・・




バーコードリーダー入門


買う前に読む! - バーコード(一次元)編

トップへ戻る

第1回 バーコードリーダーの種類と特徴

 最近のバーコードリーダーは、安価なものでは10,000円以下というのが当たり前になってきました。そうかと思うと数万円する機種もあり、初めて購入を検討されている方の中には、この価格差に戸惑いを覚える方も多いのではないでしょうか。 もちろん、価格の違いによって、種類や性能に違いがあるのですが、順序立てて考えないと非常にわかりにくいです。

簡単に言ってしまうと、まず購入時に注意しなければならないのは、パソコンとの「インターフェイスを何にするか」ということと、「読み取り対象が何であるか」です。

まずは、「インターフェイス」についてお話します。インターフェイスというのは、要するにバーコードリーダーとパソコンを物理的に接続する場所の規格を意味しています。一番なじみのある「インターフェイス」はUSBインターフェイスでしょうか。 バーコードリーダーのインターフェイスには、USB、RS-232C、PS/2といったものがあります(Bluetooth、無線LANという無線タイプのものもありますが、無線については別の機会に)。

PS/2というのは、PS/2キーボードインターフェイスで、主にデスクトップパソコンで、キーボードやマウスを接続するインターフェイスとして利用されていますが、最近はノートパソコンを使うことが多く、目にすることがめっきり少なくなってきました。USBインターフェイスでも同様のことが実現できます(USB-HIDに対応している機種であれば)ので、あえてPS/2を選択する必要はないと思います。

次に、RS-232Cですが、いわゆるCOMポートという口を使うもので、こちらも最近のパソコンには搭載されていないことが多くなってきています。また、USBインターフェイスでも同様のことが実現できます(USB-COMに対応している機種であれば) ので、あえてRS-232Cを選択する必要はないと思います。

ということで、結局は、USBインターフェイスを選択されることがほとんどになります。 上でも書きましたが、USBといっても、USB-HIDとUSB-COMという二つのインターフェイスがあります。

USB-HIDとはキーボードで打ったかのようにバーコードの値がパソコンに入ってくるタイプのもので、キーボードやマウスと同じようにパソコンに差し込むだけで使えるようになります。USB-HIDは気軽に使えますが、バーコードリーダーから読み込まれた値なのか、キーボードで打った値なのかという判断はつきません。なので、入力結果を人が確認できるような運用にする必要があります。Excelに入力したかったのに、入力フォーカスがWordにセットされていて、値がWordに入ってしまったということが普通におこります。

一方、USB-COMというのは、前述したRS-232C規格をUSBに変換しているもので、キーボードや入力フォーカスとは全く関係ありません。正確で細かい制御が行えますが、バーコードリーダーの通信プロトコルに従って通信が可能な専用アプリケーションを準備する必要があります。なので、導入するには少し敷居が高いです。

まずは、「インターフェイス」について記載しましたが、如何でしょうか?
とりあえず、「USB-HIDで十分かなぁ」という方がほとんどだと思います。それでは次に「読み取り対象がなんであるか」について記載していきたいと思います。

実は、バーコードリーダーと一言でいっても、読み取り対象物によって向き不向きがあります。もちろん読めなくはないのですが、読み取りづらい場合があり、運用がスムーズに進まないということが起こりえます。このことは、バーコードリーダーの「読み取り方式」を選定することにより解決できますので、「CCDタイプ」、「レーザータイプ」、「リニアイメージャータイプ」の3種類の読み取り方式について記載していきたいと思います。

CCDタイプ

 比較的価格が安価で、紙などに印刷されたバーコードを、タッチして読み取るのに適したタイプです。機種にもよりますが、ほぼ媒体に密着させないと読み取れません。これはCCDタイプの短所ではなく長所であり、確実に狙ったバーコードが読み取れます。コンビニや書店のレジで多く見られます。紙や比較的小さい物品に貼られた小さめのバーコードの読み取りに適します。手の届かないところにあるバーコードは読み取れません。

レーザータイプ

 比較的価格が高価で、梱包箱などに印刷されたバーコードを、少し離れた位置から読み取るのに適したタイプです。機種にもよりますが、媒体から10〜30cmくらい離れた位置から読み取れます。ホームセンターなどのレジで多く見られます。ダンボールなど比較的大きい物品に貼られた大きめのバーコードの読み取りに適します。また、離れたところでも読み取ってしまうので、密集したバーコードを読み取るのには適しません。また、レーザーを照射するための可動部品があるため、CCDタイプに比べて若干故障率が高いとされていますが、読み取り性能は若干高くなります。

リニアイメージャータイプ

 ロングレンジCCDタイプとも呼ばれます。価格的にはCCDタイプとレーザータイプの中間くらいです。媒体を問わず、タッチ読みも可能で、30cmくらいまでの離し読みもできる、CCDタイプとレーザータイプのいいとこ取りした最新のタイプです。CCDやレーザーは既に技術的な限界にきており、これ以上の性能の変化は望めませんが、リニアイメージャータイプはまだまだ進化の可能性をもっていると言えます。


以上が、バーコードリーダーの種類と特徴になります。その他にも、堅牢性(耐久性)や抗菌性に優れた機種もありますので、用途や運用環境によって選定してみてください。この後は、それぞれのタイプ別に、ネット上で購入できるオススメ商品を紹介していきたいと思います。




トップへ戻る

記事一覧




[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス

[stmx] - ソーシャルマーケットプレイス
inserted by FC2 system